38歳 女性 手湿疹による痒み

10代の頃から指に湿疹があり、皮膚科や市販の薬を使用しないと痒くて掻きむしってしまう。
掻き過ぎると、ジュクジュクした汁が出てくる。
元々、肉があまり好きではなく、一人暮らしをしている際はほとんど肉を食べていない。

血虚生風証

1寸3番鍼で左公孫・右三陰交・右合谷に15分置鍼。
当日の夜から痒みがなくなり、薬を使用しなくても問題なくなる。

血とは血液のことで、皮膚や髪の毛、目などに潤いを与える液体になりますが、肉があまり好きではなく、あまり食べないということで動物性たんぱく質の不足により血が不足し、皮膚に潤い不足が生じた結果、皮膚がガサガサになり痒みを生じてきます。
そのため、治療は血を補う治療を中心に行なったところ良い結果がでました。
今後も継続治療を行なっていきます。

皮膚疾患にも鍼灸治療は非常に効果があります。
お悩みの方はご相談下さい!

Share

関連記事

不眠症にも鍼灸

患者さんを問診していると意外と多いのが睡眠の質の低下。 不眠症とまではいかないけれど寝つきが悪い、夜中に目が覚めるという方は意外といらっしゃいます。 このように睡眠の質が低下した状態を東洋医学ではどのように考えていくのか[…]

[» 続きを見る]

肩こり 40歳 女性

主訴:肩こり 仕事で長時間のパソコンを使用している。 肩を触ると思わず「うわっ!」っとなってしまうほど肩がガチガチになっている。 肩こり以外にはイライラしやすい・目が充血しやすいなどの症状あり。 脈:弦 舌:紅舌 弁証:[…]

[» 続きを見る]

多嚢胞卵巣症候群を食事で改善する方法

コンテンツ1 多嚢胞卵巣症候群を薬を使わずに改善する方法2 多嚢胞卵巣症候群と食事の関係3 血糖値の急上昇を防ぐ食事法3.1 糖質以外は制限しないこと4 まとめ 多嚢胞卵巣症候群を薬を使わずに改善する方法 比較的若い女性[…]

[» 続きを見る]

もう悩まない!急増中のマスクによる肌荒れを予防する4つの方法

こんにちは、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 コロナウイルスの感染予防のために、多くの方がいつどもどこでもマスクを付けていますが、このマスクによる肌荒れに多くの方が悩んでいるようですが、皆さんはいかがでしょうか? 特に本格的に暑[…]

[» 続きを見る]

病は気から

昔から「病は気から」という言葉を聞くと思います。 この意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。」 心配事や考え込んだりすると病気になりやすく、病状を悪化させることもあるため、常に前向に気持ちも明る[…]

[» 続きを見る]